クラウドファンディング挑戦中‼︎

スゴいことが起きる!?1000回への道、その76回目

夏は一番好きな季節なのに、海遊び、お祭り、花火などイベント関連が軒並み中止で、今ひとつテンションが上がらない花畑です。

コロナウイルスの感染拡大がなかなか止まりません。
経済的なダメージも甚大で、飲食店や観光業、そしてアパレル関連も業績悪化に苦しんでいます。
以前に在職していた大手アパレル会社も人員削減、大量閉店のニュースが流れました。ちょっとショックですね。

ファッションは不要不急なものなのか、このまま服を作り続けていいのだろうか。

自問自答の日々が続きました。

たどり着いた答えが‥

あれこれ考えていてもしゃーない。これから先、どうなるかなんて神様しかわからない。人間、裸では生きられへん。

という至ってシンプル?な答えでした。ジタバタしても仕方ない、自分の好きな道を信じて進んで行こう!

まぁそういうことです。

なので、仕込みましたよー!
2020新作
10月以降の状況が読めないので、数量を絞って3型作成します。
10月上旬には上がってきますので、どうぞご期待ください‼︎
今回はかなり自信ありです。

エリの部分はカシミヤ100%!!
新作第1弾のサンプルです!

そして、新たなチャレンジとして、クラウドファンディングに挑戦中です。

新たな生活様式が始まり、人生感や消費行動などが大きく変わっていく中で、ビジネスモデルも変えていく必要があります。そうでないと生き残れないと思います。

具体的に言えば、オンラインによる接客や販売に着手する、そのための手段として、動画で商品の良さをもっとわかっていただけるよう説明する。そんなところから始めていきたいと考えています。

というとカッコよく聞こえるかもしれませんが、実は在庫で苦戦していまして‥ここだけの話。
2月以降、販売会も軒並み中止になり行き場を失った商品が多数おります。皆さま、どうかご支援をよろしくお願いします‼︎

実はそのクラウドファンディングで大チョンボやらかしまして(笑)

支援していただいたらリターンといって返礼品をお返しするのですが、それは商品だったり金券だったりします。
そこで起こったチョンボとは!

10000円の金券の支援に対して、5000円券を3枚の15000円をお返しするつもりが、5000円券4枚と記載してしまい、20000円のお返しとなってしまいました。
なんと200%のリターンです。

他は、20000円券で35000円のお返しなのでリターン率175%、30000円券で50000円のお返しで166%とおかしなことになってしまいました。

そこで対応策として、どの金額の金券のご支援に対しても200%で対応させていただきます‼︎(対応の仕方は焦りながら考え中です)

商品あり、金券ありのリターンなので、皆さま、一度キャンプファイヤーというサイトから覗いてください。よろしくお願いします‼︎

クラウドファンディングのキャンプファイヤのトップ画面のイメージです。

▼ご支援のクラウドファンディングはコチラから↓
https://camp-fire.jp/projects/view/289588?list=watched

それではまた!

ニットで人を幸せにしたいーーー。
花畑和幸でした。
hbkkオフィシャル&オンラインショップサイト
hbkk.jp

大統領のように仕事をして王族のように遊ぶ

スゴいことが起きる!?1000回への道、その75回目

7月になりました。早くhbkkの企画を進めなければと焦っている花畑です。

久しぶりのブログ更新ですが、滞っていたのは珍しく忙しかったからです。なぜなら新たな仕事に挑戦を始めたから。その仕事とは・・・

fdというフリーマガジンがあります。皆さんご存知ですか?
創刊は2003年、奇数月の月末に発行しています。配布エリアは神戸市、芦屋市、明石市、発行部数は約5万部です。
この度、そのfdを発行する(株)ディーズクリエーションという会社のメンバーに加わることになりました。主な業務はfdの企画・営業です。
その会社を引き継いで代表取締役に就いたのが、友人でもある戸田克巳さん。
これがまたなかなかファンキーなオヤジです。ここだけの話、今年が還暦。
「大統領のように仕事をして、王族のように遊ぶ。」という表現がありますが、まさにそれを地でいっちゃうようなお方。尊敬してるからの表現です(笑)。
戸田さんがfdの説明をするときの「fdを通じて神戸を盛り上げていきたい。」という考え方がいいなぁと思います。
こんなスタイルですが、仕事中です。
5月末発行分からスタートの予定でしたが、まさかのコロナウイルス騒動で止むなく休刊となりました。仕切り直して、今は7月末発行分に向けて、取材や営業活動に走りまわっています。
今回のコロナ騒動で、ほとんどの業界が大きな打撃を受けました。事業の継続に各社必死に努力されています。そんな時に真っ先に削られるのが広告宣伝費。
広告が収入源となるフリーマガジンにとってとても厳しい状況です。
それでもなんとか形になって来ました。この逆境をチャンスに、新たなチャレンジをする会社からの広告もいただけました。
頭を下げて無理を言って、いただいた広告もあります。詳しく説明しなくてもokをもらえた時は正直、目頭が熱くなりました。しかし、いつまでも人間関係に頼ってる訳にはいきません。
これからも運営していくには、広告収入が不可欠です。そのためにはfdの付加価値を高めていくしかありません。戸田さんはもともとWEBの人です。その彼が敢えて紙媒体に進出するのは、それなりの勝算があってのことです。一言で言えば紙とWEBの融合。かなり興味深いビジネスモデルを練っています。
大好きな神戸を盛り上げます!
長くなりましたが、今後のfdにぜひ注目してください。
この事業に参加したとき、戸田さんがSNSに「心から信頼できる仲間とスタートできました。」と書いてくれました。その気持ちを受け止めて、精一杯頑張ろうと思います。

ということで、媒体で広告を考えていらっしゃる方は連絡お待ちしております。新店舗やイベントの情報などもぜひお寄せください!

あっ!最後になりましたが、転職した訳ではなく、hbkkはこれからもしっかりと続けていきますよー。

それではまた!

ニットで人を幸せにしたいーーー。
花畑和幸でした。
hbkkオフィシャル&オンラインショップサイト
hbkk.jp

ああレナウン

スゴいことが起きる!?1000回への道、その74回目

特別給付金の申し込みより先に自動車税の通知が届いてちょっとへこんだ花畑です。

先日驚きのニュースが飛び込んできました。アパレル業界の老舗のレナウンが民事再生の手続きを申し立てたとのことです。

アーノルドパーマーで一世を風靡し、アクアスキュータムを傘下に納めたあの日本アパレル業界の巨人のあのレナウンです。

1985年春、大学4年の私は就職活動に奔走していました。時はバブルの前夜、なかなかの好景気だったと記憶しています。

レナウン娘 ご存知ですか?
いわゆる私立文系、しかもそれほど偏差値が高くない学生が目指す業界は限られます。

商社、銀行、証券会社‥ちょっと無理やなぁ

やっぱり営業職やなぁ
車、家、何売ろう‥

そうや!アパレルや!

華やかやし、女の子にもモテそう

心の声が長くなりました。

そんなこんなでアパレル業界に絞って就職活動を始めました。

レナウン、オン〇ード、ワー〇ド、ジ〇バ、小〇産業、ダーバン、ジェ〇べetc
資料請求→会社説明会→面接と進んでいきます。

上記の会社には全て説明会に参加しました。その中で、説明聞いて面接を申し込まなかったのは2社。それはどこか? 内緒です。

(レ○ウン・オン○ード)

だってエラそうやったし‥

幸い数社から内定をいただき、さてどこに入れていただこうか。

贅沢な悩みです。
そして決断しました!
イメージキャラクターはアランドロンでした

それはダーバン」

そうです。私、レナウンのグループ会社ダーバンに入社を決めてたんです。内定者の集いにも参加し、形ばかりの東京本社の役員面接にも行きました。帰りの新幹線は宴会状態。
私をご存知の方はここで疑問が⁇

「あんたワールドちゃうん?」

私は土壇場で心変わりし、ワールドに鞍替えしたのです。理由?受付の方がみんな美人だったというのは2番目です。

1番の理由は父親からの強い要請。

実はワールドの創業者(現社主)の畑崎広敏氏は淡路島出身。
そして私も淡路島、しかも社主とは隣町です。
地元では超有名企業、それがワールド。
父はそこに入れと有無を言わさずでした。

今では父親の助言にとても感謝しています。

あのままダーバンに入社していたら今はどうしてたやろ?あの時の同期は元気にしてるやろか。ダーバンは頑張ってるので再生も可能と聞き、安堵しています。

このマークの靴下はいてませんでした?

レナウンのニュースを聞いて、35年ほどタイムスリップしたお話でした。

それではまた!

ニットで人を幸せにしたいーーー。
花畑和幸でした。hbkkオフィシャル&オンラインショップサイト
hbkk.jp

ファッションなんか無くても生きていける!のか?

スゴいことが起きる!?1000回への道、その73回目

ステイホームのGWも終わりましたね。少しずつ日常が戻って、経済も回り始めてほしいと願います。ちなみにアベノマスクはまだ届いていません。

先日、VMDコンサルタント藤井雅範さんのオンラインセミナーに参加させていただきました。

このような状況で人が集まるのも難しい中、オンラインでセミナーをやるなんてやっぱり藤井さん流石やなぁ(ちょっと持ち上げてます)と思いながら、ZOOMでのセミナーは初めてなので、少し緊張しながらの受講でした。

藤井さんの4月17日のブログ「ファッションなんか無くても生きていける!」この刺激的なタイトルにつながる内容でした。
セミナー終了後、意見交換を行いました

このコロナウイルス感染拡大の影響で世界は大きく変わりました。人々の価値観、人生観まで変えてしまいました。人は食べ物がなければ死んでしまうが、ファッションがなくても死にはしない、ということです。

私自身、アパレル製品の大量生産大量廃棄、それによる環境破壊の問題が提起されたことで、このまま服を作り続けていていいのだろうか、必要とされてないのではないか、など色々と考えていました。

巷ではafterコロナとかwithコロナとかの言葉も聞こえてくる中、これからファッションビジネスはどうなっていくのでしょう?

今の状況に応じて如何に変化・進化していくか?

リモートワークへの対応やリアル店舗の課題など聞き応え十分なセミナーでした。それに加えて驚いたのがZOOMを使ってのセミナーがこんなにスムーズにいくのかということでした。

初の試みだったそうですが、今回は4回行ったうちの最後ということでほとんど問題なく進行していきました。

藤井さんが話しているときは参加者のマイクはミュート状態。意見を聞きたいときはチャットで、など進め方もとても勉強になりました。

それから4日後、所属する異業種交流会「神戸フェニックス」のZOOMミーティングがありました。こちらも初の試みでした。
代表世話人をさせていただいてるので進行役を努めるにあたり、藤井さんのセミナーがとても参考になり、滞りなく会議ができました。
フェニックスクラブZOOM世話人会

新しい生活様式も示され、これからは今までの生活とは大きく変わっていきます。アパレル業界も大きく変わることが求められるでしょう。

一時はこの仕事を続ける自信を無くしかけていましたが、藤井さんのセミナーを聞いて、改めて意欲が湧いてきました。ファッションが無くても生きてはいけます、でも楽しくはないこれからもファッションで人を幸せな気持ちにできるようなものを作っていきたいと思います。
世話人会終了後、ZOOMで打ち上げ

それではまた!

ニットで人を幸せにしたいーーー。
花畑和幸でした。

hbkkオフィシャル&オンラインショップサイト
hbkk.jp

ラストソング続編

■スゴいことが起きる!?1000回への道、その71回目

自宅での一人飲みになぜかどっぷりはまってしまった花畑です。

前回のブログで人生のラストソングの候補について書きました。

それからまたまた考えました。

「青い瞳のステラ1962夏」と「メロディー」この2曲になぜこれほど惹かれるのだろう?

YouTubeを見ていると、柳ジョージも玉置浩二も若い頃の映像も出てきます。さすがに若い頃はヴィジュアルもいいし、歌い方もパワフルで文句なしにカッコいい‼︎

 

それに比べて年齢を重ねてからの歌う姿はこれがまたいいですね。

一言で言うと「渋い」

いい意味での脱力感。声量を抑えめに、少しハスキーボイスで歌う姿は若い時には感じなかった大人の男の魅力が滲み出ている気がします。確固たる自信があると揺るがないのでしょうか。

自分なりに二人に惹かれる答えが見つかりました。

その答えは「色気」

柳ジョージも玉置浩二もめちゃめちゃ色気を感じます。

(ちなみにそういう趣味はありません(^^;)

いくつになっても男としてのファイティングポーズは持っていたいと思います。

コロナウイルスどっか行け!

負けずにhbkkで色気を感じさせる服作りに邁進しようと心に誓った2020年の春の1日でした。

いつか金髪にしてみたいと思います。

それではまた!

ニットで人を幸せにしたいーーー。
花畑和幸でした。

hbkkオフィシャル&オンラインショップサイト
hbkk.jp

 

ラストソング

■スゴいことが起きる!?1000回への道、その70回目

緊急事態宣言のもとで、お花見が出来なかったことが少し残念な花畑です。

コロナウイルス関連のニュースを見ているうちに7年前に病気したときの記憶が蘇ってきました。
その時は人生を終わる時のことをいろいろと考えさせられました。

幸い回復して、今こうして元気にさせていただいています。生きていることに感謝です。

ずっとテレビを見てるのが重くて、YouTubeを見る機会が増えました。最近のマイブームはハイボール片手に好きなアーティストの歌を聞くこと

柳ジョージと玉置浩二は毎日聴いています。(古っ!)
その中でも「蒼い瞳のステラ、1962年夏‥」と「メロディー」がお気に入りです。(ちなみに1962年生まれ)
この2曲を聴くと毎回涙が流れます。まるでパブロフの犬のよう。

そこでふと考えました。
人生を終えて、皆さんとお別れする時にこの2曲のどちらかを流してほしいなぁと。

今はどちらか決めかねています。結論はまだまだ先、と思っていますので!

皆さんの最後に流してほしい曲は何ですか?

余談ですが、YouTubeの曲やアーティストに対するコメントがとても温かいのを知ってました?
それを読んでまたウルウルしてしまう57歳にとって、特にスターダスト⭐︎レビューの「木蓮の涙」のコメントはヤバいです。

明けない夜はない!
混乱の後には新しい世界が待っている!

しっかり前を向いて歩いて行きたいと思います。

それではまた!

ニットで人を幸せにしたいーーー。
花畑和幸でした。

hbkkオフィシャル&オンラインショップサイト
hbkk.jp

〇〇離れについて

■スゴいことが起きる!?1000回への道、その69回目

世間は相変わらずコロナ1色ですね。オリンピックも延期になりました。そろそろ自粛疲れも感じている花畑です。

「月曜日から夜ふかし」という番組がお気に入りです。マツコデラックスと関ジャニの村上くんがMCを務めるバラエティ番組です。その「夜ふかし」で先日興味深いネタをやってました。
それは「若者のLINE離れ」。


これが話題を呼び、Twitterのトレンドにもなりました。

しかし、ホントよく耳にしますね。「若者の○○離れ
代表的なのは車、お酒、海外旅行、恋愛、などでしょうか。

他にもスキーや読書、中にはスナックやギャンブル、昨年末には「忘年会離れ」なども取り沙汰されました。
えっ!挙げたこと、すべて私は好きですね。笑

「○○離れ」と言いますが、そもそも若者は最初からそれらのことに興味を示してないのではないでしょうか。「離れ」というより近寄っていない、という方がしっくりきます。
近寄らない理由としてよく挙げられるのが、
1 お金がない。
2.趣味や選択肢の多様化、細分化といったところでしょうか。

そもそも私は「○○離れ」という表現が好きではありません。
時代が変わり、世代が違えば、趣味・嗜好など違って当たり前だと思います。

若者の流行りを、少し遅れて中高年が追いかけるのはよくある話です。SNSしかりファッションしかり。
たまにいませんか?それなりの大人なのに、若者ファッションに身を包んで、「ガンバッテる感」が出てしまってる人。

若者が似合うファッションと、大人が似合うファッションは根本的に違います。肌、髪、体型など変化していますから。

「○○離れ」を気にしてるのは昔、若者だった世代なのではないでしょうか。

いい大人は、世間の、特に若者に迎合せずに、自分たちに似合ったライフスタイルを作っていけたらいいなぁと考えています。

そんなときにhbkkの上質感はいいですね。
(やっとhbkkにつながった!)

今、私が望んでいること。
それは「コロナ離れ」です!

この原稿、ファックスで送ろかな(笑)

それではまた!

ニットで人を幸せにしたいーーー。
花畑和幸でした。

hbkkオフィシャル&オンラインショップサイト
hbkk.jp

 

ホワイトデー企画その後

■スゴいことが起きる!?1000回への道、その68回目

暖かい日が続きますね。このまま気温が上がってコロナウイルスも消滅してほしいと願う花畑です。

前回のブログでlydyan net store(https://store.lydianltd.co.jp)で鍼灸の体験チケットを購入してホワイトデーのお返しをした話を書きました。
今回はその後の報告です。
無事チケットは配送されました。

お礼の連絡をいただき、早速予約を入れたとのことをお聞きしたので、潜入レポートで同行させてほしいとお願いしたところ快く🆗をいただきました。

今回の訪問は「悠心治療院」です。場所は鯉川筋から東に少し入った玉川ビルの4階にあります。
http://yushin-chiryouin.com

担当してくれるコージー先生が出迎えてくれます。

元気良く「こんばんは‼︎」とご挨拶したところ、ここはリラクゼーションもやっているそうで「お静かにお願いします。」とやんわり注意を受けました。(皆さん、行かれるときはお静かに)

問診票に今回治療してほしい箇所などを記入して、いよいよ開始です。
最初に脈診をして全体の身体の調子を確認されます。

そして髪の毛より細い針を手際よくトントンとさしていく先生。
後でお聞きすると、場所も深さもミリ単位で調整していくそうです。

鍼の後は全身を丁寧にマッサージです。今回は体験ということで20分コースだったのですが、おまけで時間をオーバーしてしっかり施術していただきました。

終わってから感想をお聞きすると、肩甲骨あたりがガチガチだったのがとても軽くなったとのこと。
その後飲んだビールは、いつもよりかなりまわったそうです(笑)。

ここは男性も🆗なので、次回はぜひ鍼とマッサージをお願いしたいと思います。ただし1日1組限定なので、要事前予約でお願いします、とのことでした!

身体もニットも日頃からメンテナンスが大事ですね。
(最後に無理やりhbkkにつなげました)

それではまた!

ニットで人を幸せにしたいーーー。
花畑和幸でした。

hbkkオフィシャル&オンラインショップサイト
hbkk.jp

いざ、ホワイトデー!

■スゴいことが起きる!?1000回への道、その67回目

3月19日から1週間、北京経由でミラノ、ヴェネツィアに行く予定をしていた花畑です。中国もイタリアも今とんでもない状態になってますね。飛行機は早々に運行中止になり、ホテル代が無駄になりました(泣)。

コロナウイルスのせいで世の中は閉塞感でいっぱいですね。
イベントや各種集会、スポーツイベントや飲み会に至るまで中止・自粛のオンパレード。おかげでスケジュール帳は真っ白になってしまいました。
まあ出費も抑えられてありがたいのですが、そればっかりではホント経済が停滞してしまいます。

いろいろなことを考えていて、フト思いつきました。
「もうすぐホワイトデーやん!」
(思考の展開が意味不明ですが)

いくつか義理でチョコレートもいただきました。(嫁がくれなかったことを根に持ったりはしません。)
そうだ、何かお返しをせねばと考えました。(ここはセンスの見せ所ちゃう?)と自分にプレッシャーをかけながら。
そこでいろいろとネットを見ているうちに見つけましたよ!素敵なプレゼントを。

お友だちの大川さんが運営していてhbkkもお世話になっているネットショップ、Lydian Online Select Storeで面白い企画をやっていました。
それは「ホワイトデーのプレゼントに体験をプレゼントしよう!」というモノ。

なかなか面白そうだったので内容を見てみると、そこにもお友だちが何人かいるではありませんか。
エステの美幸さん、足つぼのミキくん、鍼灸のコージの顔が見えます。

まず、プレゼントする人が購入します。そのチケットは自分宛に送ってもらって手渡すこともできるし、相手の方に発送してもらうこともできるそうです。

あとは体験する方が、直接お店に予約をするという仕組みですね。有効期間も長く設定されています。エステやまつエク、足つぼ、鍼灸などは何かキッカケがないと新しいお店には行きにくいのではないのかなぁ、などと自分に納得させて‥

よし、購入決定!

今回は独断と偏見で、鍼灸にします。何を贈るか、相手の方と相談するのも楽しいでしょうね。

Lydian Online Select Storeで鍼灸を選びポチッとしました。
発送先を入力して、カード決済。
簡単に購入できました。さて受け取った方は喜んでくれるでしょうか。少しドキドキしますね。

お菓子やアクセサリーとはちょっと違って、体験をプレゼントするというセンスにご満悦です。

閉塞感で少々お疲れ気味の今のご時世に、癒しのひとときを贈ってみるのはいかがですか?
まだホワイトデーのプレゼントを考えてなかったあなた!体験プレゼントはオススメです!

プレゼントをすることで、自分も少し幸せな気持ちになることができました。もうすぐ桜も咲きます。楽しいことを考えながら、元気出していきましょう!

Lydian Online Select Store

それではまた!

ニットで人を幸せにしたいーーー。
花畑和幸でした。

hbkkオフィシャル&オンラインショップサイト
hbkk.jp

プロフェッショナルに聞く~仕事、遊び、人生~ 第4回ゲスト:高原 昌彦さん(その3)

■スゴいことが起きる!?1000回への道、そ66回目

その1はコチラ↓

プロフェッショナルに聞く~仕事、遊び、人生~ 第4回 ゲスト:高原 昌彦さん(その1)

その2はコチラ↓

プロフェッショナルに聞く~仕事、遊び、人生~ 第4回 ゲスト:高原 昌彦さん(その2)

〜キラッと光るファクトリーブランドに〜

花畑:以前、高原さんからご案内いただいて、映画【トゥルーコスト】の観覧をご一緒させていただきましたが、あれがかなり衝撃的で考えさせられました。
高原:大量生産の背景に低賃金で働かされてる人がいて、なのに生産された服は簡単に大量廃棄されて、それが地球環境破壊にまで影響してる、という…。
花畑:服を作るものとして、すごく責任というか…、これ以上、服を作って良いのかとまで思いました。

トゥルーコストの上映会にて

高原:そうしたことを考えた上で、服作りをしていく必要があるんじゃないかな。hbkkは、当初からモノづくりに真摯に取り組んでると感じてるよ。
花畑:高原さんにそう言っていただけるとホント嬉しいです! まだまだですが…。そう、高原さんと対談したら、絶対にお聞きしたいことがあったんですよ。最近のニットって混率もすごく複雑になって3つ、4つの混合素材も増えてますよね。最初はそんな素材ってクオリティが悪くて手ざわりもイマイチだったんですけど、最近はそのあたりも良くなってきて…混合素材って正直、価格も下げやすいですし、僕が天然素材にこだわり続けるのって、どうなんだろう? とか疑問に思うことがあって。。。
高原:天然素材以外でも良い素材が増えてきたのは確かだよね。でも価格を下げるために混合素材にするのは違うんじゃないかな。主客転倒だよ。天然素材の良さを追求して、でも天然素材の商品を長く愛用してもらうためにそのデメリットを補うことができるのなら、天然素材100%じゃなくても良いのかもしれない。複合素材にすることで、素材そのものが強くなったり、軽くて着やすくなったり、お手入れが簡単になったりする場合もあるから。
花畑:なるほど。常に素材と価格の間を行ったり来たりしてしまうんですよね。。。
高原:作るものとしてその悩みは常だと思うよ。でもいちばん大切なのは、ブレないこと。花畑さんの考えが揺らいだらアカン。(笑)
花畑:はい。
高原:hbkkのお客様がどうしたら喜んでくれるか、それに集中するしかないんじゃないかな。その人のタンスやワードローブに、次、どんな製品を入れてあげたら喜んでもらえるか? それを具体的にイメージして…。前の皆さんの対談でも出てたけど、hbkkはマス狙いじゃなから、ファクトリーブランドになれると思うんだよね。

hbkkのボイルウールジャケットのモデルになっていただきました!

花畑:そうですけど男性はなかなか服に興味がなかったりしますし。。。
高原:興味がないんじゃなくて…例えば、女性は同性にどう見られるかを考えて服を選ぶ事が多いけど、男性は異性に(女性に)どう見られるか、がポイントだったりするでしょ。
花畑:確かに。奥様や彼女に選んでもらいたい、っていうのはよく聞きますね。
高原:そんな女性ウケ目線からメンズ服を考えてみるのもいいかもね。
花畑:hbkkを立ち上げるとき、高原さん、藤井さん(第1回対談ゲスト)、椋橋さんに集まってもらってご意見をいただいたことがあったじゃないですか。
高原:ありました! その時も、神戸の男性をオシャレにしたい、っていう花畑さんの考えがよく伝わったよ。今だからこそ、メンズをやりたいって…。
花畑:そうなんです。でも毎年毎年、悩むんですよね。。
高原:ニッチな層を狙うんだから爆発的ヒットはないかもだけど、だからこそのメンズってことに、もっと自信を持っていいんじゃない? さっきも言った、ファクトリーブランドになれば良いと思うから…。例えば夜の公園で、広い公園を照らす明るい照明じゃなくて、地面の上にキラッと光るガラスのかけらみたいな…でも見る人と角度によって強烈に輝く、みたいなね。そんな存在になってほしいなぁ。
花畑:キラッと光る! 嬉しいです!
高原:ファッションはライフスタイルそのものだと思うんだよね。ファッション業界は本当はもっと輝く業界であるべきだと思うの。新しい服を着たときはもちろんだけど、それを着て外出したとき、彼女とデートのとき、家族でゴハンに行くとき…そんな日常のシーンで、ちょっとワクワクできる、気分がアガる服、それを提供し続けてほしいと思います。自分で考えて自分の思い通りに服が作れるなんて、スゴいことだよ!
花畑:がんばります! 高原さん、貴重なお話やご意見、本当にありがとうございました!

【対談を終えて】
高原さんとは(株)ワールド時代に一緒に仕事をしたことはありません。お互い2001年に退職した後はお会いすることはなかったのですが、数年前に芦屋のドラゴンボートレースでご一緒させていただきました。
その時の印象がワールド時代とは異なっていて、とてもパワーを感じました。そのパワーはどこから来るのかと興味を抱いていたのですが、今回対談をさせていただき、そのパワーの源が見えたと思います。豊富な知識と経験を活かして、今もファッション業界の第一線を走っておられるからこそ、このパワーなりオーラが出ているんですね。

昨今、アパレル製品の大量生産、大量廃棄が社会問題化し、環境破壊にまで繋がっているといわれています。
高原さんもその問題を危惧して、ファストファッションの大量生産に警鐘を鳴らした映画「トゥルーコスト」の上映会を開催するなどの活動をされています。
私も今のファッション業界の在り方には危機感を感じていたので、この映画には深く考えさせられました。
対談の最後にhbkkのモノ作りに向けて背中を押していただいたので、これからも少量ながらも、自分が納得のいく質の良いものを作っていけたらいいなと思っています。
高原さん、今回はいろいろ勉強させていただき、本当にありがとうございました。今後ともご指導よろしくお願いいたします。

 

それではまた!

ニットで人を幸せにしたいーーー。
花畑和幸でした。

hbkkオフィシャル&オンラインショップサイト
hbkk.jp