プロフェッショナルに聞く~仕事、遊び、人生~ 第1回ゲスト:藤井雅範さん(番外編)

■スゴいことが起きる!?1000回への道、その56回目

【藤井雅範 × 花畑和幸】

〜対談終了後〜

藤井:今回の新作、花ちゃんのブログも読んだけど、ホントにいいよね。

花畑:3年目にして今やりたいことをやりきった自信作!と言い切れるかもしれません。でもカタログのモデル撮影のときの藤井さんのスタイリングはスゴかったです!僕はあの(二ノ丸さんがモデルの)パイピングジャケットに、赤チェックのベストを合わせるなんて、発想がなかった!

藤井:それもきっと思い込みだよね。

花畑:パイピングジャケットは編地が三つ杢なんですよ。すでに3色混ざってるのに、そこにさらにチェックなんて…。

藤井:僕らは三つ杢とか二重臼(にじゅうす)とかその意味がわかるけど、普通の人にはわからない。カーキのベースに白の縁取りって感じでしょ?

花畑:タブーを知ってて崩す!?(笑)

藤井:あの時は事前情報も何もなかったんで(笑)、直感だけど。

花畑:すみません!(汗)。でもその直感も経験に基づくものですよね。

藤井:スタンダードを知って、その上で崩してくのが個性だよね。ブランディングでもそうだけど、基本、ブランディングルールはちゃんと守る。今の僕らぐらいの世代の男性は、ブランディングルールやスタンダードはちゃんと知ってる人が多いよ。でもなかなかそれを崩せない。反対に僕らより下の世代は、そんなルールをちゃんと知らずに、好き勝手にするのが個性、カッコいいと思ってるフシがある。

花畑:僕らはその間のツナギ世代!?

藤井:そうだね。上の世代と下の世代の通訳がいるよね。それにはわかりやすい言葉や見せ方をしていくことが重要だと思う。hbkkのメインターゲットが40代、50代なら、スタンダードを知ってる人たちだから、それを崩す楽しみを知ってもらえるようにすると広がるんじゃない?

花畑:勉強になります(笑)。ありがとうございました!!

 

【対談を終えて】

初めての対談ということで、どんな展開になるか期待と不安を感じていました。

藤井さんとはワールド時代、毎週のように出張先で一緒に仕事をしていた時期がありましたが、改まって「仕事とは」「人生とは」と向き合って話したのは初めてでした。

今回、対談してみて新たな発見がたくさんありました。これからも対談シリーズを続けていきたいと思います。いろいろな方からどんな話が聞けるか、とても楽しみになった第1回目でした。

ちなみにサブタイトルの~仕事、遊び、人生~はhbkkのコンセプトの「lavoro  giocare  vita」から取りました。一生懸命仕事して、思い切り遊んで、人生を楽しむ。そんな人たちの話を伝えていきたいと思います。

 

【藤井雅範 × 花畑和幸】
もう一度、最初から読みたい方はコチラからどうぞ!

プロフェッショナルに聞く~仕事、遊び、人生~ 第1回 ゲスト:藤井雅範さん(その1)

プロフェッショナルに聞く~仕事、遊び、人生~ 第1回ゲスト:藤井雅範さん(その2)

プロフェッショナルに聞く~仕事、遊び、人生~ 第1回ゲスト:藤井雅範さん(その3)

 

ニットで人を幸せにしたいーーー。
花畑和幸でした。
hbkkオフィシャル&オンラインショップサイト
hbkk.jp

有限会社アチェット 代表取締役

株式会社ワールドに15年勤務。営業、生産管理、商品企画を経験した後、2001年有限会社アチェットを設立。2017年秋、メンズブランド・hbkkを立ち上げる。