行って来ました、大峯山。その2

■スゴいことが起きる!? 1000回への道、19回目

ここまで来て、まさかのリタイア!?

泣きそうになりながら鎖の箇所をクリア、なんと4カ所。
思わず「ファイト〜!いっぱぁつぅぅ!」と叫んでいました。

山に登るにあたり「手袋持って来てくださいね」とアドバイスがありましたが、アリちゃんは車に置き忘れ、僕はどこかで片方落とすという大失態!手が鎖のサビでまっ茶っ茶…。

そうして登りきった展望台では情け無いほど腰が引けました。
だって周りの山より高いんですよ。膝から下がゾワゾワします。

そしてやっとたどり着きました、最終の山門、3連発。

ゴールは近いぞ。よく頑張ったな俺。と自分で自分を褒めてあげたくなりました。

待ちに待った本堂に到着!
時刻は10時30分。なんと2時間40分かかりました。

見てください、この満面の笑み。
この後に悲劇の結末が待っていることなど知る由もありません。

苦しかった時間もここで全てが報われた。そんな幸せな気分に浸っていたところ…アリちゃんがポツリと…「開いてへん」「何が?」「本堂が」「どうゆうこと?」…二人が固まること約5分。

人間て面白いですね。受け入れられないことが起こると同じ言葉を繰り返します。
「何で?」「ウソやん」「何で?」「ウソやん」無限ループです。

ここで立て札を発見!何か書いてあります。
えっ?、戸開式5月3日???二度見、いや五度見しました。…ということは今日はお守りが買えないの⁇⁇

膝から崩れ落ちました。本日2回めです。

そりゃ誰にも会わへんわなぁ。
茶屋も閉まってるわなぁ。
何が貸し切りやねん。
何がこの山を支配したやねん(泣)。

ここで白状します。
ショックを受けた顔をしながら、そのときの心の声は「おいしいネタできたやん!」

気を取り直して…さあ帰ろか、と自分を奮い立たせて下山です。
登りは太腿がキツかったけど、下りはヒザとふくらはぎがキツい!それでも2時間足らずで下りて来ました。時刻は1時。世間は真っ昼間の中、二人はもうぐったりです。

そろそろ筋肉痛を感じだしました。ピークは明日?それとも明後日でしょうか。

今回のことで学んだこと。

『下調べは入念に!』…以上です。

というわけで5月のGW明けにリベンジで、再度登ります。
アリちゃん、ありがと〜、次回もよろしくね〜。
同行希望の方、ご連絡お待ちしております(笑)。

それではまた。

ニットで人を幸せにしたいーーー。
花畑和幸でした。

hbkkオフィシャル&オンラインショップサイト
hbkk.jp

有限会社アチェット 代表取締役

株式会社ワールドに15年勤務。営業、生産管理、商品企画を経験した後、2001年有限会社アチェットを設立。2017年秋、メンズブランド・hbkkを立ち上げる。

“行って来ました、大峯山。その2” への1件の返信

コメントは受け付けていません。