ラストソング続編

■スゴいことが起きる!?1000回への道、その71回目

自宅での一人飲みになぜかどっぷりはまってしまった花畑です。

前回のブログで人生のラストソングの候補について書きました。

それからまたまた考えました。

「青い瞳のステラ1962夏」と「メロディー」この2曲になぜこれほど惹かれるのだろう?

YouTubeを見ていると、柳ジョージも玉置浩二も若い頃の映像も出てきます。さすがに若い頃はヴィジュアルもいいし、歌い方もパワフルで文句なしにカッコいい‼︎

 

それに比べて年齢を重ねてからの歌う姿はこれがまたいいですね。

一言で言うと「渋い」

いい意味での脱力感。声量を抑えめに、少しハスキーボイスで歌う姿は若い時には感じなかった大人の男の魅力が滲み出ている気がします。確固たる自信があると揺るがないのでしょうか。

自分なりに二人に惹かれる答えが見つかりました。

その答えは「色気」

柳ジョージも玉置浩二もめちゃめちゃ色気を感じます。

(ちなみにそういう趣味はありません(^^;)

いくつになっても男としてのファイティングポーズは持っていたいと思います。

コロナウイルスどっか行け!

負けずにhbkkで色気を感じさせる服作りに邁進しようと心に誓った2020年の春の1日でした。

いつか金髪にしてみたいと思います。

それではまた!

ニットで人を幸せにしたいーーー。
花畑和幸でした。

hbkkオフィシャル&オンラインショップサイト
hbkk.jp

 

有限会社アチェット 代表取締役

株式会社ワールドに15年勤務。営業、生産管理、商品企画を経験した後、2001年有限会社アチェットを設立。2017年秋、メンズブランド・hbkkを立ち上げる。