ノーベル科学賞おめでとう!!

■スゴいことが起きる!?1000回への道、その51回目

サッカーW杯予選、バレーボールW杯、プロ野球クライマックスシリーズとテレビのザッピングに忙しい花畑です。
(なぜクライマックスシリーズが最後かは聞かないでください(泣))

吉野彰氏ノーベル科学賞おめでとうございます㊗️
スマホなどに使用されるリチウム電池を開発されたとか。
改めて日本の技術は素晴らしいなぁと誇らしい気持ちになります。

リチウム電池と言えば、思い出すことがあります。それは先月のイタリア出張での出来事。
経費削減のため、今回も選んだのはチャイナエアラインです。
行きは北京経由でミラノ、帰りは上海経由で関空というルートです。

関空から出発して、北京に着きました。トランスファーなので、改めてセキュリティチェックを受けますが、北京でのそれがめちゃくちゃ厳しい。

今の時代、リチウム電池を搭載した物は預け入れができません。
携帯電話、パソコン、タブレットからモバイルバッテリーなどはすべて機内持ち込みです。

北京でのセキュリティにて。
手荷物をカゴに入れ、ポケットの中の財布、携帯電話、時計、ベルトなどを外してゲートをくぐります。
自分の手荷物が流れてきました。取ろうとすると、係員が止めながら言います。
「バレリ?」「えっ?」「バレリ?」「えっ?」
心の声…(なんやねん、バレリて…)
何回かこのラリーがあり、やっとわかりました。
「バレリ」とは「バッテリー」のことでした。

バッグの中をすべて見られます。その時出てきた物で、場が緊迫します。「これは何だ?」顔を見たら言いたいことがわかります。

「メジャーや」「あん?」「そやからメジャーや言うてるやろ。仕事道具なんや!」イラついてたので関西弁で言うたりました。

それをシゲシゲとみる係員。
それをシャーッと引っ張った途端、「ハハハハハ」笑ってます。
早よ返せ!

えーと、何が言いたいかと言いますと…。
中国のセキュリティは厳しい。
バッテリーは機内持ち込みへ。
バレリはバッテリーのこと。

最後に吉野彰さん、ノーベル科学賞おめでとうございます。

それではまた。

ニットで人を幸せにしたいーーー。

花畑和幸でした。

hbkkオフィシャル&オンラインショップサイト

hbkk.jp

有限会社アチェット 代表取締役

株式会社ワールドに15年勤務。営業、生産管理、商品企画を経験した後、2001年有限会社アチェットを設立。2017年秋、メンズブランド・hbkkを立ち上げる。