走り抜きました、初の神戸マラソン!

■スゴいことが起きる!? 1000回への道、その38回目

激走?の神戸マラソンから一夜明け、ほとんど筋肉痛を感じないことに「ぼくもまだまだ若いんちゃうん?」と密かにご満悦の花畑です。

今日はファッションネタから離れて、昨日感じたことを書きます。今回は少し長いです。

そもそもなぜフルマラソンに挑戦しようと思い立ったのか???

50歳のときに大きな病気をして、もうアカンかなと考えた時期がありました。なんとか克服したときに人生観が変わったのを感じました。
元気でいることは決して当たり前ではなく、とても有り難いこと。
悔いを残さないように、やりたいことにチャレンジしよう。
そんなことを考えてやりたいことリストを作成し、「いつかやろう」と思っていたことにチャレンジを始めました。「メンズブランドを立ち上げる」でhbkkを立ち上げましたが、その他の目標の一つに「フルマラソンに挑戦する」がありました。

同じ走るなら大好きな神戸の街を走りたい、と、第3回からずっと応募してきましたが、第8回の今年、初めて当選しました。応募当初のモチベーションはかなり下がってたので、当選メールを受け取った時は喜びよりも正直、戸惑いを先に感じましたね。
ここで一句。「当選は忘れた頃にやってくる」

練習しなければと思いつつ、連日の不摂生。気がつけば本番まで残り1ヶ月を切っていました。そこから週1回のランニング。最長は15kmまでしか走れませんでした。
こんなことで42.195kmも走れるのか…不安は募ります。
しかも前日まで博多、名古屋と続くハードな出張です。(ただの深酒)

そして迎えた本番の日。
ハーフマラソンは経験があったので、「とりあえず20kmまではなんとか走ろう。後は野となれ山となれや」と開き直りました。当日は快晴無風の絶好のコンディション。
9:00から第1ウェーブ、9:15から第2ウェーブ、計約2万人がスタートしました。

沿道では多くの方が応援してくれています。タッチしたりしながら、ちょっと人気者になった気分。「トラ頑張れ〜」なんて声援も受けましたね。(1人で走るのが寂しくてトラを縫い付けて走りました)

10kmぐらいまではとても快調でした。「なぁんや、イケるやん!」と楽しく走っていましたが…15kmを過ぎた辺りから身体が重くなってきて…。
なんとか歩くことなく折り返しましたが、23kmを過ぎると脚も徐々に悲鳴を上げ始めます。

そして辛さを堪えながら走り続けた32km付近で、目を疑う光景が!なんと自分の名前を発見!したのです。

なんと後輩の内谷クンがサプライズで用意してくれていました。彼自身もマラソンを走るので、地点もノボリも絶妙です。一気に元気回復しました。
駒ヶ林辺りの応援もスゴかったですね。沿道の方がドリンク、チョコレート、冷却スプレーまで用意してランナーを励ましてくれます。これにもとても元気をもらいました。

アグロガーデンで鉄板コテの助さんとタッチして、いよいよハーバーランドに向かいます。

この辺りからいよいよ脚も、限界に近づいたイヤな感じです。
そしてここから最後の超難関、浜手バイパスです。
いきなりの登り坂(泣)。

行けども行けどもアスファルト。両サイドは防音壁で景色も見えず、スタッフさんのみ。
なんと!ここで脚が完全に攣りました!まさか無念のリタイアか!?

道端でストレッチをし、冷却スプレーを振りまくって、なんとか騙し騙し進みます。浜手バイパスてこんなに長かったっけ?車だと数分で通過するのに、なんて考えているとやっと神戸大橋が見えてきました。
さぁあと3kmちょっとです。

そして神戸大橋を渡り終えたところに後輩の萩原クンの姿が!
「花畑さ〜ん」と写真も撮ってくれました。


そこで僕が発した言葉が、「ワッキー(今回走っている後輩女子)はもう通過した?」「まだです!」「あいつには勝ちたいねん!」
…この期に及んでなんと器が小さいんだろうと後で反省しました。

最後の直線は両サイドに本当に多くの応援の方がおられました。この間はカッコつけて走りましたよ。(それまで歩いてましたが)

ゴール直前、コースの中で全員とタッチしながら「初マラソンの人は今日がベストタイム‼︎」と大きな声で励ましている女性がいました。
「元気なおばちゃんやなぁ」と思っていたら、後からその方が有森裕子さんだと教えられて驚いたのはここだけの話です。

ゴールして完走記念のタオルとメダルをもらった途端、急に脚が動かなくなりました。緊張の糸が切れたんですね。

帰りのポートライナーでは階段を降りるとき、手すりを取り合うゾンビが集団発生していました。

そんなこんなで楽しい神戸マラソンが終わりました。

マラソン経験豊富な友人が、不安がるぼくにアドバイスをくれました。
「30km超えた辺りからホンマしんどいけど、人生であんなに応援してもらえることはないからそれが励みになって頑張れるよ」と。
この言葉に偽りはありませんでした。

(泣き言?を載せてしまった)Facebookのコメントや、応援メッセージをいただいた皆さま、本当にありがとうございました!

翌日の今日は朝から不思議と幸せな気持ちに包まれてこれを書いています。プレッシャーから解放されたせいなのか、それとも達成感なのでしょうか。

人生観が変わったかはまだわかりませんが、幸せな気持ちにしてくれることは確かなようですあんなに苦しかったのに、また走ってみようかなと考えている自分が不思議です。

それではまた!

ニットで人を幸せにしたいーーー。

花畑和幸でした。

hbkkオフィシャル&オンラインショップサイト

hbkk.jp

有限会社アチェット 代表取締役

株式会社ワールドに15年勤務。営業、生産管理、商品企画を経験した後、2001年有限会社アチェットを設立。2017年秋、メンズブランド・hbkkを立ち上げる。

“走り抜きました、初の神戸マラソン!” への1件の返信

コメントは受け付けていません。