僕がニットを大好きな理由

■スゴいことが起きる!? 1000回への道、その1回目

皆さま、こんにちは。

昨年の夏、先輩のセミナーに
参加させていただき
ブログの重要性を教わり、
「ブログを1000記事書けば
スゴイことが起こるよ!」
の言葉を信じてブログに挑戦をします。

て言うか、どんだけ時間かかっとるねん…

昨年立ち上げたhbkkへの想い、
ニットへの愛着、イタリア好き、
そしてファッションに関して思うこと、
日常の中で気づいたこと…。

そんな思いを綴ります!
皆さま、心温かく見守ってくださいね。

さて、hbkkはメンズニットのブランドです。

ニットとはなんぞや?
普段着ているセーターやカーディガン、
ベスト…。素材にウールやカシミヤ、
綿などを使った、いわゆる編み物です。

手編みもあれば、機械編みもあります。
1本の糸から製品を作っていきます。
昔、お母さんが、棒針で編んでいた姿を
思い出す人もいるのではないでしょうか。

なぜニットなのか?
よく聞かれますが、それはズバリ、
僕はニットが好きだから。

ではなぜ僕はニットが好きなのか?

それはニットを着ると
幸せな気分になれるから。

手でふれたときの、
ふわっとした優しい手ざわり、
セーターやジャケット、マフラーや
手ぶくろとしても包まれる感覚、
そしてもちろん寒い季節に体を温めてくれる
機能性ーー。

ニットを着ると、そんな温かい幸せを
感じることができる、と思うのです。

皆さんもニットを着て、
幸せを感じてみませんか。

それではまた。

ニットで人を幸せにしたいーーー。
花畑和幸でした。

有限会社アチェット 代表取締役

株式会社ワールドに15年勤務。営業、生産管理、商品企画を経験した後、2001年有限会社アチェットを設立。2017年秋、メンズブランド・hbkkを立ち上げる。