悟空のきもち

■スゴいことが起きる!? 1000回への道、20回目

行って来ました「悟空のきもち」京都本店
なかなか予約の取れない店として有名な日本初のヘッドマッサージ、頭のほぐし専門店です。

ホームページから予約するのですが、直近3ヶ月間、ものの見事に空いていません。そうなると余計に気になり、ちょこちょこのぞいてたら、空きがある!勢い込んで早速ポチッと予約をしたのが3月2日。2ヶ月近く待ちました。

いろいろ情報を見ていると、途中でほとんどの人が眠りに落ちるみたいです。そんなに心地よいのかなぁ。興味津々です。

予約当日は10分前にお店に到着。さっそく担当の女性が迎えてくれました。

店内は薄暗く、とても静か。微かにヒーリングミュージックが流れています。簡単な説明やヒアリングがあるのですが、女性の声の小さいこと!聞き取るのがたいへんです。普通の声で返事をしていたら「お休みのお客様がいらっしゃいますので‥」とやんわり注意されました。

まもなくカーテンで仕切られたスペースに通されました。座り心地の良い、リクライニングのソファに座ります。

上半身はTシャツ1枚、ソックスも脱いで完全なるリラックスモード。
おもむろにマッサージが始まりました。頭だけかと思いきや、まずは足裏からです。そしてふくらはぎ、上半身、デコルテあたりを軽〜くほぐしていきます。
さていよいよ頭です。
指の腹を使って頭皮を揉みながら、中央に寄せていくような感じです。力加減がまた絶妙で、このころから意識が朦朧としてきました。

時間の感覚もなくゆったりとした気分でいると、微かな声で「お時間です」と告げられました。最後にムースのようなものでひんやり、スッキリして終了です。

受付前のソファに移動して、梅昆布茶をいただきました。
アンケートに記入して、次回の予約を取り、お店を後にしました。一度訪問すると顧客となり、優先的に予約が取れるそうです。

帰る道すがら考えたこと。

なんであんなに人気があるんだろう?ヘッドマッサージは以前からあったと思います。日本初と謳っているのは、頭のほぐしだけに特化している、ということでしょうか。

ここからは僕の独断と偏見。

ここにはマッサージではなく、眠ることを目的に行く気がします。最近は睡眠負債などという言葉があるように、質の良い睡眠がなかなか取れません。

店内をかなり暗くし、心地よい音楽と香りに包まれ、耳元で囁かれる。本当に癒されました。

眠らせることに徹底するのが戦略です。以前からある商品やサービスでも、用途、目的を少し変えて、それを徹底することで俄然魅力が増した事例はたくさんありますよね。

ところで僕は眠ったのでしょうか?「初めてのお客様は完全に眠られない方もいらっしゃいます」とスタッフも仰ってました。繊細な僕は眠れなかったかも。

梅昆布茶を飲みながら「僕、眠ってました?」「はい、グッスリと。かなり早い段階でお休みになられてましたよ」ニッコリと答えていただきました。

悟空のきもち、恐るべしです。

それではまた。

ニットで人を幸せにしたいーーー。
花畑和幸でした。

hbkkオフィシャル&オンラインショップサイト
hbkk.jp

有限会社アチェット 代表取締役

株式会社ワールドに15年勤務。営業、生産管理、商品企画を経験した後、2001年有限会社アチェットを設立。2017年秋、メンズブランド・hbkkを立ち上げる。

“悟空のきもち” への1件の返信

  1. ピンバック: buy viagra 25mg

コメントは受け付けていません。